風水の知恵を取り入れた居心地の良いデザイン住宅「デザイン風水の家」

家族関係やお仕事において、幸運を呼び込む家を造ります。風水の力を取り入れた住宅に住んで頂き、本当にお客様の幸せで安心した生活をしてほしい!と我々は願っています。

依頼者様の声 テレビなどで、風水がたくさん取り上げられているので、書店で風水の雑誌などを時間があれば読んでおりました。ただ、今回、自分のマイホームを建てるにあたりまして、雑誌の自己流の内容では不安だったので、故竹内一景先生の本格的の風水にてお願いしようと思いました。

依頼者様の声 風水デザインの家についての話を伺いましたが、最初は風水に対して暗いイメージがありましたが、基本的な考え方は、ジメジメした住宅ではなく、リゾートに行った感じの住まいを造ることで、毎日が落ち込んだ気持ちにならないようにするとのことでした。設計士さんの完成写真も間接照明がきれいに使われていて、オシャレな家ができると思いました。また、設計士さんも家の設計だけでなく、結婚式場や美容院などの店舗も数多く設計されていた方でしたので、安心しました。

依頼者様の声 ご近所の方が、新しく住宅を建てましたが、そこに住み始めた途端、旦那様がお亡くなりになり、そのお子さんも病気にかかり、その家族全員が新しい家に住んでからは、悪いことばかり起きていたことから、家を建てる時には、住宅の方位や鬼門、間取りなどしっかりと調べ、新しい家に住んでからは、幸せな生活を送れるようにしたいです。

風水設計士 日比谷啓太 + 信頼の住宅施工 丸ヨ建設工業

風水デザインの家の最初の打合せにて

上記の内容以外にも、お客様のたくさんの想いを伺います。

風水盤イメージ風水は、大地の環境から、そのエネルギーの流れと調和しながら生きるすべを教えてくれます。風水術を使えば、家族関係・仕事・ビジネスなど、人生の様々な局面で幸運を呼び込むことができます。 皆さまが、毎日生活する家から風水を取り入れ、幸運な家に住むことにより、毎日の生活やお仕事がうまく運んで頂ける一助になれば幸いです。
「紫薇斗数占術」や「十千占術」、「四柱推命」の第一人者である故竹内一景先生の風水哲学を再現し、風水を現在に活かす家づくりを行います。 デザインにおいても、風水だからといって、古臭くジメジメするような家ではなく、あたかもホテルやレストランに来ているような明るく開放的な気持ちのよい家を設計します。

お問合わせ・お申込みはこちらから

風・光と建物の関係

風水での太陽光と風のイメージ 一般的な家相では、コの字型をしたコートハウスのような建物は良くないと言われます。重心が建物の外になるので、主人に不幸があるなどと言われますが、実際には光や風を多く取り込める非常に良いプランです。 四角い建物と比べると強度的に弱い等も言われますが、実際の設計では当然強度計算を行い、問題が無いことを確認して進めていきますので大丈夫です。逆にいくら四角い建物でも、しっかりとした強度計算を行わず適当に建てられた建物では安心して住むことはできません。また、建設業者の技術力によってもかなり左右される部分ですが、丸ヨ建設工業さんであれば、その点は安心して任せられます。 また、中庭のつくり方も重要です。土のまま芝生を植えたり、木を植えたりすると、地面から湿気が上がり、風によって建物内に運ばれてしまいます。建物にとって湿気は大敵です。中庭はタイル張り等でしっかりと湿気対策をすれば、コートハウスのメリットを十分に活かせ、家のあらゆる場所で光や風を感じることができ、庭の景観を良くすれば、心の安らぎを得ることができる大変良いプランとなります。
お問合わせ・お申込みはこちらから

鬼門

風水デザイン住宅設計例 日本では、北東の丑寅の方角を鬼門として、忌み嫌いますが、正統な風水では、鬼門は一つの方角に定まっているものではなく、その家の玄関の位置によって相対的に決定されます。 例えば、玄関が南東にある建物の鬼門は、その南東の方角になります。しかし、ここに玄関があっていけない訳ではありません。トイレや寝室などは避けるようにします。これは、風水というものが、迷信やおまじないというようなものではなく、統計なデータを基本とした、昔から培われてきた知恵の集大成だからです。 建物を建てる土地は、その環境もまちまちです。道路が北側にあれば、いくら南東の玄関がよいといっても、そこまでアプローチをつくるのももったいないですよね。広大な土地に自由に建てられるのであればよいですが、一般的な土地に家を建てるとき、一律にこの方角はダメと言われては、とても使いづらい建物になってしまします。正しい風水住宅とは、使い勝手の良い住みやすい家なのです。
お問合わせ・お申込みはこちらから

デザイン

よく西に黄色を持ってくると金運UPだと言って、壁を黄色くしたり、ラッキーカラーを外壁全面に塗ったりする家も見られますが、これは正しい方法ではありません。正統な風水では、トータルなデザインセンスも重要なのです。また、明るさも重要なポイントです。むやみに明るくすれば良い訳ではありませんが、必要な場所へ十分な明かるさを確保する。リラックスが必要な場所にはダウンライトや間接照明を多く使用し、光と影を感じ、落ち着いた空間を創り出します。ご自身のお好みの物、好きな色、好きな形を取り入れながら、バランスのとれた、デザイン性の高い明るい家を提供します。デザイン性の高い家に住むことは、向上心を高め、合理性を育みます。そこに住む人の個性を引き出し、日々の生活を潤いあるものとする為にも美しいデザインは欠かせないものだと思います。

日比谷啓太住宅・美容院デザイン例

お問合わせ・お申込みはこちらから

デザイン風水の家

デザイン風水住宅パース外観 デザイン風水の家は、決まった形や設計や間取りがある訳ではありません。 小さな四角の土地に切った敷地に、四角い建物をごくごく一般的に建てた家より、狭い土地や歪な形の土地でも、鬼門を考慮してデザイン性に優れた家に住まれた方が、毎日の生活が楽しくなります。 デザイン風水の家は、大手住宅メーカーのご予算で、すごく素敵な家が十二分に手に届きます。また、お客様の安心のため、瑕疵保険や完成保証の保険にもしっかりと対応しています。居心地のよい空間と幸運と安心を、皆さまにお届け致します。
お問合わせ・お申込みはこちらから

お問い合わせからの流れ

風水住宅設計資料ご提出までの流れ図

お問合わせ・お申込みはこちらから
風水設計士の紹介   住宅施工会社の紹介

ヒビヤ一級建築士事務所

注文住宅や商業施設のデザイン中心に幅広く設計を行う中、日本における「紫薇斗数占術」や「十干占術」、「四柱推命」の第一人者である故竹内一景先生のご自宅を設計するというご縁をいただきました。以来、10年にわたり竹内先生の元で学んだ風水哲学をさらに深化させ『風水×デザインの融合』をテーマに建築設計を進めてきました。風水を現代建築に活かした住宅設計を皆さまにお魅せします。

 

丸ヨ建設工業株式会社

新築施工総数は、注文住宅だけで2000棟以上あります。木造から鉄骨、鉄筋コンクリート造まで、建物の構造を知り尽くした90年分のノウハウがあります。
創業大正10年。岡崎市の地に誕生した私たちは、地域密着の建設会社として着実に地盤を固めてきました。90年という長い歴史の中で育んできたのは『お客様本位の建物づくり』。時代とともに目覚しい技術進化を遂げる建築業界にあって、今も地元に愛され信頼を勝ち得る理由が、ここにあります。

お問合わせ・お申込みはこちらから

Copyright © 丸ヨ建設工業株式会社 ヒビヤ一級建築士事務所 All right reserved.