高級注文住宅建設

高級注文住宅建設

高級注文住宅建設

CONSTRUCTION
高級注文住宅建設
高級デザイン住宅
どんな構造もOK 木造・鉄骨造・RC造
愛知県で100年住宅施工実績

お客様の住宅に対する想いをカタチにする
丸ヨ建設の家づくり

丸ヨ建設の創業時は、木造住宅の建築から始まりました。時代の変化に合わせて、木造住宅だけでなく、鉄骨造や鉄筋コンクリート造、様々な構造の注文住宅を建設するようになりました。

当社は、創業して100年の年数が経ち、新築注文住宅、施工総数は2000棟以上の実績を誇ります。他の建築物の建設施工総数を含め、4000棟以上の建物を建設しています。
1つ1つの建物をしっかりと建ててきたことが、100年の歴史を持つ建設会社が在り続けられる証です。1人1人のお客様の想いを出来る限り理想のカタチにして、皆様にお届けいたします。

高級注文住宅建設

高級注文住宅とは

PRODUCE

丸ヨ建設が提供する高級注文住宅

高級注文住宅とは

丸ヨ建設が提供する高級注文住宅とは、お客様に末永く愛着をもって頂ける、そのお客様だけの、お客様だけの仕様による、お客様のお好きな広さの空間・デザインを創り上げます。
お客様の長年に渡る住宅のご要望に対応し、より高次な建築を提供するために、営業・企画部門、プロデュース部門、設計・デザイン部門、施工部門の熟練した専門の各組織を持ち合わせている「総合建設プロデュース集団」が創り出す注文住宅です。

丸ヨ建設のプロデュース

高級注文住宅とは

プロデュース

より素晴らしいデザイン・空間設計と同時に施工能力が伴っていなければ、住むに耐えない住宅になってしまいます。
斬新なデザインと施工を超越し、お客様の意図する価値の住宅を創り上げます。

営業・企画

丸ヨ建設の本部機能を担います。
営業部 : 顧客に対する営業活動、施工補助、アフター対応。マーケティング活動。
企画部 : 新規顧客への広報・宣伝活動。顧客への新たなサービスの企画立案。

デザイン・設計

設計技術者・監理者が、プロデューサーと共に、お客様の身近な立場で求めている空間・斬新なデザインを取り込んだ家づくりをご提供いたします。

工事・施工

高品質な建物づくりに特化した施工会社として、現場主義に徹した選ばれた現場指揮官と選ばれ卓越した職人集団で「ものづくり」に励みます。

ISO9001を認証取得

お客様の「こんな家に住みたい!」「リゾート気分を演出するリビングがほしい!」などの夢や理想を、「家」という形にしてお届けするまでには、打合せから工事までの順番や流れがあります。建物が出来るまでの流れをご確認ください。
丸ヨ建設は、ISO9001を認証取得しています。丸ヨ建設仕様のISO9001はお客様に満足していただくために、どのような取り組みをしているかを動画にてまとめてあります。ぜひご覧ください。

ISO

ISO 9001
ISO 14001
家づくりの流れ

家づくりの流れ

FLOW

お客様の「こんな家に住みたい!」「リゾート気分を演出するリビングがほしい!」などの夢や理想を、「家」という形にしてお届けするまでには、打合せから工事までの順番や流れがあります。
建物が、建物の設計の打合せから始まり、建物が完成し、外構工事が出来上がり、お客様に引渡しを致しますが、その1つ1つの建築工事の順番や流れの工事の工程をご確認ください。

ご相談から簡易設計・概算見積りまでの流れ

STEP1

ご相談

お客様のご希望条件を全てお話しください。家族構成やライフスタイル、建築予定地の広さ、予算など詳細をお伺いし、イメージを簡単にまとめていきます。

STEP2

敷地調査

建築予定地の形状や面積などを知るため、公図を取ります。(※公図とは、市町村役場に備えてある土地の図面で、土地の位置や形状、地番を示す唯一の公的資料です。)
また工事を行う際の重機や車両の出入り、資材搬入について作業性が良いかなど、工事計画の視点から、敷地の高低差や周辺状況を調査します。

STEP3
間取りプラン(平面図)

間取りプラン(平面図)

最初のご相談内容と敷地調査をもとに、間取りのラフプランを作成します。その後、お客様と何回か打合せを重ね、納得のいくプランを完成させます。

STEP4
簡易実施設計図面(平面図、立面図、配置図)

簡易実施設計図面(平面図、立面図、配置図)

平面プランがまとまりましたら、敷地内においての建物の配置(配置図)、窓や外観などのデザインを練り上げて"立面図"を作成していきます。
この時、法律的な事項も検討し簡易設計を行い、お客様との打合せを重ね、お客様がご納得出来るよう更に煮詰めた設計図の作成を行ないます。

STEP5
簡易実施設計図面(平面図、立面図、配置図)

概算見積りが出来る図面作成・概算

建物の間取り、外観が決定したところで、概算見積りを行います。
概算見積りでは、あくまで決定金額ではなく、目安の金額を知っていただく為に、ご提示させて頂いております。

STEP6

VE提案(お客様のお考えの予算と大幅に合わない場合)

概算とは、あくまで目安の金額ですので、ここでお客様のお考えの予算と【大幅に金額が合わない場合】には、VE提案(バリュー・エンジニアリング)を行っております。
(VE提案とは、建築部材の機能は一定とし、品質を維持しながら金額を変動させ、極小化することを考えます。)
VE提案をし、お客様の予算と合致する事が出来るまでVE案を提出します。

ご契約から設計・工事の前段階までの流れ

STEP7

ご契約:設計請負契約

建物の間取りや外観のデザイン、建物の配置など、概算による見積りに、ご納得いただけましたら設計契約を結びます。
(設計契約は、"設計"を丸ヨ建設にご依頼していただくための契約であり、工事契約ではありません。)
設計契約を結びますと、建物の基礎形状や工法の設計に移ります。

STEP8

本設計(実施設計)

ご契約が済みましたら、建築確認申請に向けての本設計、作成に入ります。
(建築確認申請とは、お客様の家を建築する際に、その計画が建築基準法などに適合するものかどうか、建築主事の確認を受けるための申請をすることです。)

STEP9

地盤調査(ボーリング調査)

敷地内の建物予定場所の位置において、地盤調査を行います。
地盤調査の結果により、基礎の工法が変わったり、地盤補強が必要になる場合があります。

STEP10

本見積

地盤調査により、基礎の工法が決定しますと、全てにおいての見積りが出きるようになり、最終金額の提示をさせて頂きます。
(この時点におきましても、お客様のご予算に合わない場合におきましては、再度、VE提案を考え、再見積りを行います。)

STEP11

ご契約:工事請負契約

お客様の意向に沿った図面と工事費(金額)をご確認して頂き、ご納得頂けたところで、工事請負契約を結びます。

STEP12

建築認可申請の提出

設計図や必要書類を添付し、役所に建築確認許可の申請をします。
(融資等の関係で、建築確認申請の提出と工事請負契約が前後する場合があります。)

STEP13

工事担当者・工程表の提出

ご契約が済みましたら、弊社の工事監督(担当者)を決定します。
工事担当者が、現場や図面を確認したり、お客様の意向・要望を営業マンと打ち合わせをし、工程表を作成します。
お客様には、工程表が出来上がり次第、工事担当者の顔合わせから、工事の進め方など日程を、工程表を見ながら、ご説明させて頂きます。工事担当者は、お客様と工事を進めていく上で、重要な担当者になります。
また、地鎮祭の日時を打ち合わせします。(お客様の空いている日や日柄など、また、神主様の予定により決定します。)

STEP14
地縄張り

地縄張り

建築予定地の敷地内に地縄を張り、建物の大きさや位置を表します。
施主様には、地縄立会いにて、図面と現地での違いが多少ありますので、問題が無いかの再確認を行います。

STEP15
地鎮祭

地鎮祭

地鎮祭は、工事を始める前に、神を祀って工事の無事を祈る儀式です。(安全祈願祭)
地鎮祭は、お客さまのご家族や、丸ヨの営業マン・工事担当者などで、執り行います。
(地鎮祭は強制ではありませんが、毎度行う行事ではございません。今までのお客様もお喜びして頂いておりますので、お勧め致しております。)

STEP16

近隣の方々への挨拶・工事説明

地鎮祭を終えてから、建設予定地の近隣の方達に、挨拶回りを行います。
また、工事着工に当たり、これから工事車両が走ったり、工事をすれば音も出てしまいますので、簡単な工事説明も行います。

STEP17

建設認可申請の許可確認

建築確認申請の許可が確認出来ましたら、現場においての工事が始められます。

工事の流れ

STEP18

仮囲い・工事看板

建築予定地の敷地の周囲に仮囲いを行います。仮囲いは、工事中に工事関係者ではない方の侵入を防いだり、一般の方の安全を守るために行います。
工事看板は工事の許可が確認できましたら、早急に取り付けます。工事看板は、工事会社の社名や違法な建築ではないことの証です。また工事看板には『○○邸新築工事』と表現し工事名称も入ります。

STEP19
基礎工事

基礎工事

現場の地盤によっては杭打ち作業を行い、建物の土台となる基礎をコンクリートで造ります。

STEP20
建て方(建て前)

建て方(建て前)

建物の骨組みである柱や梁を建て、建物の母体を造ります。建て方が完了すれば、建物の形から大きさやボリュームが、一目で分かるようになります。

STEP21
上棟式

上棟式

上棟式とは、建て前の際に行われる行事です。工事中や竣工後も建物が無事であるよう願って行われる行事です。
(上棟式は、お客様の意向に従いますので、特に強制的に行う必要はありません。)

STEP22

色決め、物決め等の打ち合わせ

外部の仕上げ材やサッシの色、設備機器のデザイン(形)や色、内装仕上げ材や照明器具などを、仕事の順番(外部→内部)に決めていきます。
(各種ショールームにも、ご案内いたしております。)

STEP23
屋根工事・外部工事

屋根工事・外部工事

建て前が完了しましたら、屋根を葺いていきます。そして、サッシや玄関ドア枠の取り付け等の工事を行い、雨風がしのげるようになれば、外部工事の完了です。

STEP24
内部工事・下地壁工事

内部工事・下地壁工事

最初に、お風呂(ユニットバス)の工事を行います。同時に、建物内には、大工さんや、電気屋さん、水道設備屋さんが、壁・天井の内部に配線・配管を隠蔽し、壁の下地となるプラスターボード(壁の板)を貼っていきます。
そして、最終の仕上げとなり、皆様の目に見える、扉の枠や、床のフローリング、階段などの仕上げも行います。

STEP25
キッチンの取り付け

キッチンの取り付け

下地工事が終わると、キッチンの取り付けを行います。キッチンは、多くの部品からでできていますので、部品の持ち運びの際に、仕上げた壁にぶつけるのを防ぐため、このタイミングで取り付けを行います。

STEP26

内部・仕上げ工事

クロス(壁紙)工事を行います。壁紙が貼り終われば、まもなく完成です。

STEP27

器具取り付け(電気、設備)

内装の完了後には、照明器具やスイッチ、コンセント、洗面台などの設備器具を取り付けます。そして、下駄箱や、建具なども取り付けが終われば、ほぼ完成です。

STEP28

住宅クリーニング

全室内の仕上げ工事が完了しましたら、最終のクリーニング工事を行います。
工事のために出てしまったほこりなどをきれいに掃除し、床にはワックスをかけ、お客様にお渡しするため、プロのクリーニングを行います。

STEP29

外構工事

建物の外装が完成し、周囲の仮設足場が撤去された後、建物のまわりの外構工事を行います。
駐車場(車庫)やお隣様との境界のフェンス、庭や玄関の塀などが、外構工事になります。

検査から引き渡し、アフターメンテナンスまでの流れ

STEP30

各種検査

工事が全て完了しますと、完了検査、社内検査、(設計事務所検査)、そして、お客さま検査を行います。
お客さま検査は、お客さまと工事責任者にて、建物や敷地内をまわりながらの検査を行います。
検査の結果、手直しを必要とする部分があれば早急に手直しをいたします。

STEP31
キッチンの取り付け

完成引き渡し

建物の手直しの全てが完成しましたら、完成引渡しを行います。
まず、お客様に、建物内に備わっている各設備機器の使用説明を行わせて頂きます。
そして、建物の受書・鍵の引渡し書などに、お客様の受領印を頂きます。
最後に、工事書類、完成届や引渡し書類、各設備機器の取り扱い説明書、そして建物の鍵をお渡しさせて頂きます。
ありがとうございました。

STEP32

アフターメンテナンス

丸ヨでは、完成引渡し後のアフターメンテナンスも行っております。
「建具の開閉がきつくなった。」「器具の取り扱いが分からなくなった。」など、建物での不自由を感じたら大小にかかわらずご連絡ください。
また、弊社で立てていない建物であっても、建物のことに関してでしたら、御遠慮なく、御相談も承っておりますので、お話くださいませ。
丸ヨは、可能な限り、迅速に対応いたしております。

設計・建設に関することなら
お気軽にお問い合わせください!

1

お問い合わせ・ご相談の
メールを送信

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問合せフォームをご活用ください。

メールでお問い合わせ
2

社内で検討されたい方へ

実績をまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご活用ください。

ダウンロードする

お電話で直接お問い合わせはこちら

お近くの店舗へご連絡ください。

岡崎本社

0564-51-1802

名古屋支店

052-822-1670

※お電話でのご対応時間は8:00~17:00までとなります。
※電話番号をタップすると繋がります。