YouTube動画

YouTube

丸ヨ建設のご紹介

INTRODUCTION
丸ヨ建設の会社

丸ヨ建設の会社

YouTube
  • 採用メッセージムービー|丸ヨ建設
    採用メッセージムービー|丸ヨ建設

    丸ヨ建設では、営業スタッフ・現場監督を募集しています!

    岡崎・名古屋市南区付近の方、地元で、私たちと一緒に働きませんか?地元の顔となる建物や個性あふれる建設に携わり感動も味わえます!たくさんのイベントも企画しており、家族参加のBBQ・社員旅行もあります。

  • 会社案内ムービー|丸ヨ建設
    会社案内ムービー|丸ヨ建設

    丸ヨ建設は、岡崎市に本社、名古屋市に支店を構える建設会社

    愛知県内にで、工場・倉庫の「鉄骨建設」、病院・クリニック・福祉施設の「医療建設」を主に建設。2021年には、創業100周年を迎える歴史ある建設会社。建物の相談や打合せの為、社内には、ゆったりとした打合せ室を設けています。お気軽に、ご来社をお待ちしております。

  • 丸ヨ建設の岡崎本社ご紹介│丸ヨ建設
    丸ヨ建設の岡崎本社ご紹介│丸ヨ建設

    丸ヨ建設は、創業100年の歴史ある建設会社

    工場・倉庫の鉄骨建設、病院・クリニック・福祉施設の医療建設を主に建設している建設会社。愛知県の岡崎市に本社、名古屋市(南区)に支店。岡崎本社の室内には、お客様の応接室を設けています。お気軽に、当社にお越しください。

  • 現場監督の勉強会|丸ヨ建設
    現場監督の勉強会|丸ヨ建設

    愛知県岡崎市の丸ヨ建設のご紹介

    毎月1度、現場監督の勉強会。キッチンメーカー展示場で勉強会。展示場の説明後には、新商品を見たり触ったり。いつでもお客様にもより良い説明ができる様、丸ヨ建設では勉強会を実施。

  • ISO9001(品質)のご説明|丸ヨ建設
    ISO9001(品質)のご説明|丸ヨ建設

    丸ヨ建設のISO9001(品質)のご説明

    丸ヨ建設は、100年の歴史ある建築設計・施工の建設会社です。20年以上も前から、ISO9001の認証取得をしています。お客様に安心して頂く高品質の建物をお届け致します。

丸ヨ建設の地域活動

丸ヨ建設の地域活動

YouTube
  • 現場監督について:翔南中|丸ヨ建設
    現場監督について:翔南中|丸ヨ建設

    丸ヨの地域活動のご紹介(1)

    「現場監督の仕事について:翔南中学校」

    岡崎市立­­翔南中学校の生徒さんに、翔南中学校の建物建設の工程をお話しさせて頂きました。また、建物を造り上げる現場監督のお仕事についての苦労や楽しさも、現役の当社の現場監督がお話しさせて頂きました。

  • 現場監督について:城西高|丸ヨ建設
    現場監督について:城西高|丸ヨ建設

    丸ヨの地域活動のご紹介(2)

    「現場監督の仕事について:城西高等学校」

    学校法人安城学園岡崎城西高等学校の生徒さんに、建物の工程など仕事のお話しさせて頂きました。現場監督のお仕事の苦労や楽しさもお話しさせて頂きました。

  • 愛産大、キャンプ場建設体験|丸ヨ建設
    愛産大、キャンプ場建設体験|丸ヨ建設

    丸ヨの地域活動のご紹介(3)

    「愛知産業大学敷地内、キャンプ場建設体験」

    丸ヨ建設は、愛知産業大学の建築学科の学生さんと共に、大学のキャンパス敷地内に、キャンプ場の建設体験を行いました。現場監督や職人さんのお仕事の苦労や楽しさも一緒に感じてもらえました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

  • 愛産大学生と便所建築体験|丸ヨ建設
    愛産大学生と便所建築体験|丸ヨ建設

    丸ヨの地域活動のご紹介(4)

    「愛知産業大学の学生さんと男女便所の建築体験(左官工事)」

    丸ヨ建設は、愛知産業大学の建築学科の学生の皆様と一緒に、大学の建物内の男女便所改修工事の左官工事体験を実施しました。学生さんには、建築や職人さんのお仕事の苦労や楽しさを感じて頂けました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

岡崎市立翔南中学校ができるまで

岡崎市立翔南中学校ができるまで

YouTube
  • 翔南中学校「プール・武道場」(1)
    翔南中学校「プール・武道場」(1)

    ・建物の概要・建設工事概要・建設箇所・立面図・平面図・地鎮祭

    岡崎市立翔南中学校の建設が始まります。全体の1/4を当社が建設します。主な建物は、プール・武道館の建物です。建物の概要・建設箇所、立面図・平面図をご紹介します。そして、岡崎市長様をはじめ、多くの方達が集まり、地鎮祭が執り行われました。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(2)
    翔南中学校「プール・武道場」(2)

    ・朝礼の様子・杭工事・基礎工事・基礎足場工事・基礎型枠工事

    現場が始まります!現場の朝は、ラジオ体操でスタートします。現在は、職人さんが10人ぐらいですが、現場が進むと、1日に50人以上の職人さんで仕事をすることになります。杭工事が完了すると、基礎工事に入ります。根切工事では、ダンプでたくさんの土を出します。その次に、足場工事を行います。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(3)
    翔南中学校「プール・武道場」(3)

    ・コンクリート工事・基礎工事・基礎土工事・躯体工事・土間工事・躯体工事

    基礎のコンクリート工事が、足元が安定する場所が少なく、安全に工事をすることが大変でした。コールドジョイントもなく、きれいにコンクリート工事が出来ました。丸ヨ建設は、1つ1つの工事工程を、確実に行い、高品質な建物を造り上げます。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(4)
    翔南中学校「プール・武道場」(4)

    ・躯体工事・足場工事・型枠工事・鉄筋工事・丸ヨの勉強会

    丸ヨ建設は、毎月に一度、社内勉強会を開催しています。丸ヨの現場監督が、現場にて、「見て・触って・感じて」もらう勉強会です。丸ヨ建設は、1つ1つの工事工程を、確実に行い、高品質な建物を造り上げます。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(5)
    翔南中学校「プール・武道場」(5)

    ・コンクリート工事・型枠工事・躯体工事・型枠解体工事・コンクリート打設打合せ

    コンクリート工事の前には、鉄筋工事・型枠工事などの工事があります。コンクリート工事は、目玉工事ですので、皆で打合せを行います。現場の職人さん、全員が一つになり、前向きな作業に転じれば、高品質の建物が完成します。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(6)
    翔南中学校「プール・武道場」(6)

    ・コンクリート工事・2F躯体型枠工事・1F武道場・内部型枠脱型完了・2Fプール目隠し壁コンクリート打設

    工事も進み、1階の武道館になるところ、2階のプールになるところの全景が見えてきました。1階と2階の工事が分かれてスタートしていきます。1階は、これから内装工事へ、2階は、最終の躯体工事を行っていきます。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(7)
    翔南中学校「プール・武道場」(7)

    ・コン工事・内装工事・防水工事・丸ヨ安全パトロール・安全訓練・防水完了

    1階の武道館の内装工事は、各部屋の壁や天井の仕事に入ります。2階のプールでは、防水工事が行われました。現場の工事中には、丸ヨ建設での自社の安全パトロールを実施しています。また、現場の職人さん全員で、安全訓練も開催しています。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(8)
    翔南中学校「プール・武道場」(8)

    ・防水保護コン押え・鋼製建具工事・安全衛生協議会・プール工事・基礎完成

    2階のプールも仕上げ工事に入っていきます。扉も順番に設置されていきます。現場の工事中には、各協力会社の方が集まり、協議会も開催されています。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(9)
    翔南中学校「プール・武道場」(9)

    ・屋根防水完了・プール工事・丸ヨ安全パトロール・左官工事

    屋上の防水工事が完了し、屋上は完成しました。プール工事は新たな作業として、砂敷きをしています。その他の部分などで、階段など順次、仕上がっていきます。丸ヨ建設の安全パトロールも毎月1度、行われています。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(10)
    翔南中学校「プール・武道場」(10)

    ・市役所担当者と現場打合せ・プール完成・外構工事・内装仕上り

    建物が完成し、市役所の担当者の方に現場を確認して頂きました。プールも、水張り試験を行いました。建物がほぼほぼ完成すると、外構工事になります。外構工事には、クラブハウス・体育倉庫の建物がありますので、建物の位置出しから始まります。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(11)
    翔南中学校「プール・武道場」(11)

    ・外部足場調査・木造基礎作成・外部足場解体・外構工事・木工事・教育委員現場見学

    プール・武道場の建物がほぼ完成しましたので、外部足場を解体します。外部足場の安全を確認してから、足場の解体作業になります。足場の解体が終われば、建物の全景を見ることが出来ます。また、外構工事のクラブハウス・体育倉庫も、建て方が完了し、建物のボリュームが分かるようになりました。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(12)
    翔南中学校「プール・武道場」(12)

    ・木工事・外構工事・プール仕上り状況・武道場内観

    クラブハウス・体育倉庫の建物も、建物の外部が仕上がってきました。武道場の室内も完成しました。プールも仕上がり、完成しました。外構工事では、生徒さんの通用門の工事が進んでいます。スロープの工事から、スロープの側の擁壁工事まで、順番に工事をすすめていきます。

  • 翔南中学校「プール・武道場」(13)
    翔南中学校「プール・武道場」(13)

    ・内部スロープ内観・­木造3棟外観・通用門床完成・木造3棟内部造作完成・武道場内観・完工・開校式

    プール・武道館の建物の手すりなど、細かな工事も全て完了しました。外部工事のクラブハウス・体育倉庫の建物も完成しました。通用門のスロープ・擁壁など、全ての外構工事が完了しました。そして、岡崎市長も出席され、翔南中学校の開校式が盛大に行われました。多くの協力会社の職人さん、お疲れ様でした!

愛知産業大学

愛知産業大学

YouTube
  • 愛産大学生建築体験:イタリア磨き
    愛産大学生建築体験:イタリア磨き

    愛産大の学生さんと建築体験(イタリア磨き)

    丸ヨ建設は、­­愛知産業大学の建築学科の学生さんと一緒に、建築体験(イタリア磨き)しました。狭い場所での作業が多く、順番での作業でした。誰も文句を言わず、もくもくと作業に打ち込んで頂けました。完成した壁、最高です!

    丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

  • 愛産大学生建築体験:タデラクト
    愛産大学生建築体験:タデラクト

    愛産大の学生さんと建築体験(タデラクト)

    丸ヨ建設と愛知産業大学の建築学科の学生さんが一緒に、建築体験(タデラクト)しました。集まった学生さん全員が、真剣に作業をして頂きました。仕上がりも、お見事でした。

    丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です!

旧本多忠次邸復元工事

旧本多忠次邸復元工事

YouTube
  • 旧本多忠次邸 1F 玄関
    旧本多忠次邸 1F 玄関

    1F 玄関

    お客様をお迎えする玄関ホール。現在の風除室の役割にもなっています。スパニッシュ建築の特徴とされるライオンの顔の口から壁泉が出る仕掛けになっています。癒しの空間が演出されています。

  • 旧本多忠次邸 1F広間
    旧本多忠次邸 1F広間

    1F広間

    2階へ上がる階段。吹き抜けになっています。手すりが、木の味をしっかりと残しています。外からの光で、室内を明るくします。室内の窓も、四角と丸の2種類の形で楽しませてくれます。広々とした開放感のある広間となっています。

  • 旧本多忠次邸 1F使者の間
    旧本多忠次邸 1F使者の間

    1F使者の間

    使者の間は、畳を敷き、落ち着きある部屋になっています。お客様のお付き人が待機する為の部屋でした。また、お使いの人が、お屋敷の主人と面会をした部屋でもあります。時代背景を感じることが出来る使者の間の部屋になっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 便所
    旧本多忠次邸 1F 便所

    1F 便所

    1階の便所。現在では、便器がありませんが、当時のトイレとしては、近代的な造りです。便器と洗面所が壁で仕切られています。匂いも考慮し、小窓が設けられています。現在と同様に、手洗いの洗面所と鏡がセットになっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 下足室(元書生室)
    旧本多忠次邸 1F 下足室(元書生室)

    1F 下足室(元書生室)

    現在は、お客様の靴を入れる下足室になっています。昔の本多邸では、書生室という部屋で活用されていました。当時、学生さんや下積みの方が下宿をする部屋でした。

  • 旧本多忠次邸 1F 事務室(元応接室)
    旧本多忠次邸 1F 事務室(元応接室)

    1F 事務室(元応接室)

    メイン玄関を入って、右側にある1階の事務室になります。以前は、応接室として使われていました。来客の方が洋服を着用し、椅子座敷の応接室が風潮でした。この部屋の在り方からも、昔の住宅の使われ方が伝わってきます。

  • 旧本多忠次邸 1F 団欒室
    旧本多忠次邸 1F 団欒室

    1F 団欒室

    人が集まり楽しいひと時を過ごせる部屋になっています。大きな窓を設け、日光が入り込むように考慮された明るい部屋です。シャンデリアや壁灯も、お部屋の高級感を演出しています。造り付けの大きなソファーも印象的で、ゆったりろ寛げる団欒室になっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 食堂
    旧本多忠次邸 1F 食堂

    1F 食堂

    食堂の部屋は、天井の装飾・照明器具が統一され、重厚感ある部屋になっています。飾棚は、木をうまく使い、やわらかいデザインながら、しっかりと存在感があります。飾棚の中央にある小扉からは、食事を配膳していたと考えられます。料理を温かいうちに食べれるように、建物の壁に工夫をしていたことが分かります。

  • 旧本多忠次邸 1F 配膳室
    旧本多忠次邸 1F 配膳室

    1F 配膳室

    配膳室の壁にある小さな窓は、食堂室の飾棚と繋がっています。料理がすぐに食堂に出せるように工夫されています。食器などのお皿の収納棚も壁に造り付けられています。食後のお皿を洗う為の小窓の横のシンクも、配膳の方に配慮された位置に設置されています。人が作業するのに無駄のない奥行きと幅の部屋スペースになっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 内玄関
    旧本多忠次邸 1F 内玄関

    1F 内玄関

    日常、出入りするのに使用する玄関です。玄関に入ると、すぐに目に入る三角の棚は、花器などを飾る棚があります。その右の四角の枠は、昔の電話置場。奥に入っていくと、アンティーク調のステンドグラスから明かりが入ってきます。ステンドグラスに描かれている白鳥と湖が部屋を落ち着かせます。

  • 旧本多忠次邸 1F 衣裳室
    旧本多忠次邸 1F 衣裳室

    1F 衣裳室

    本多邸の住宅内には、きちんとした広さの衣装室が設けられていました。本多様が、住宅の建築以外にも、お洒落を好み、たくさんの衣装にも興味をもっていたことが分かります。その日にお見えになるお客様に合わせて、相応しい着物、ドレスといった多彩な衣裳でお迎えされていたと考えられます。

  • 旧本多忠次邸 1F 夫人室
    旧本多忠次邸 1F 夫人室

    1F 夫人室

    夫人室は、日光室と併用されています。落ち着きのある和室で、床の間が付いています。襖は派手はデザインはなく、地味で静かなデザインになっています。部屋の中心に飾ってある照明は、アールデコスタイルの照明器具で、夫人室のアクセントになっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 日光室
    旧本多忠次邸 1F 日光室

    1F 日光室

    夫人室の隣にある日光室は、お好みの部屋だったのでしょう。大きなガラス窓に、半円形のボウ・ウインドウも使われています。日当たりが良く、年中、温かい部屋です。日光浴の為に設けられた部屋と言っても過言ではありません。日光室からの眺めは、庭園の全景を見渡せます。優雅なティータイムを楽しまれていたかもしれません。

  • 旧本多忠次邸 1F 裏玄関
    旧本多忠次邸 1F 裏玄関

    1F 裏玄関

    本多邸は、建物の使い勝手の動線も、とても考慮されている住宅になっています。お客様を招いた際と、家主である本多様側の人達の動線をしっかりと分けて建築設計されています。東玄関(裏玄関)を入ると、直ぐに内階段から2階への動線、そして、そのまま、まっすぐに広間へと続く廊下となっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 廊下2
    旧本多忠次邸 1F 廊下2

    1F 廊下2

    廊下2は、1階の廊下部、その廊下の内階段に入る床の場所をさします。廊下2の周りにある扉は、元洗面所と元便所、化粧室の扉になります。廊下2からは、周りの部屋の中心にあり、廊下2を経由して、いろいろな部屋に行けるように建築されています。

  • 旧本多忠次邸 1F 給湯室(元台所)
    旧本多忠次邸 1F 給湯室(元台所)

    1F 給湯室(元台所)

    昔の台所の部屋は、現在は、給湯室として使用されています。部屋の明り取りや広さも、昔の台所としては、十分に使い勝手を考慮された設計になっています。食器を納める造り付けの大きな水棚は、本多様がたくさんの食器を持参していたことが分かります。

  • 旧本多忠次邸 1F 倉庫1(元第2女中室)・倉庫2(元暖房洗濯室)
    旧本多忠次邸 1F 倉庫1(元第2女中室)・倉庫2(元暖房洗濯室)

    旧本多忠次邸 1F 倉庫1(元第2女中室)・倉庫2(元暖房洗濯室)

    元第2女中室(現在、倉庫1)の奥に、地下へ降りる階段があります。その階段を降りると、元暖房洗濯室(現在、倉庫2)があります。暖房洗濯室は、当時、使用していたボイラーが、現在も、そのまま保存されています。女中室の壁には、呼び出しベルと思われる盤が設置されています。

  • 旧本多忠次邸 1F 化粧室→湯殿
    旧本多忠次邸 1F 化粧室→湯殿

    1F 化粧室→湯殿

    化粧室から湯殿への扉を開けると、窓には色鮮やかなステンドグラスが目に飛び込んできます。浴室には、随所に細かいモザイクタイルで植栽がデザインされています。陶器製の羊のモチーフの口から出るお湯が浅い所へ流れ込むようになっています。そして、浴室全体に蒸気が行きわたるようになっています。

  • 旧本多忠次邸 2F 広間
    旧本多忠次邸 2F 広間

    2F 広間

    広間から見える納戸の丸窓、可愛らしい四角のステンドグラスの窓が2つ、建築を心底、楽しんでいるようなデザインです。また、部屋の内外の換気の為の窓も設けてあり、広間の広々とした空間を快適に過ごせるようにしてあります。毎日、階段の登り降りを楽しんでいたかのように感じます。

  • 旧本多忠次邸 2F 廊下4→納戸
    旧本多忠次邸 2F 廊下4→納戸

    2F 廊下4→納戸

    広間から見えた丸窓の奥は、納戸となっています。納戸は、衣服や調度品などを収納する部屋のことをいいます。中世以降は、屋内の物置部屋のことをさし、寝室・産室にも用いられました。納戸から、外の見晴らしが良いバルコニーへ出る事もできる設計になっています。

  • 旧本多忠次邸 2F 客間→次の間→控の間
    旧本多忠次邸 2F 客間→次の間→控の間

    2F 客間→次の間→控の間

    客間・次の間・控の間と3間続きの和室です。3間の襖を開ければ、とても広い部屋にも使用できるようになっています。客間と控の間では、部屋のグレードの差を出してあります。お客様を迎え入れる客間には、床の間・書院があり、床柱(紅葉の木)、壁の仕上げ(銀孔雀)など、高級な材料が使用されています。

  • 旧本多忠次邸 2F 縁側
    旧本多忠次邸 2F 縁側

    2F 縁側

    2階の和室の南側に、3間続きの長い廊下のような縁側があります。縁側には、南面に、ガラス戸がたくさん並んでいます。そのため、日当たりが良く、冬や春には縁側で、ひなたぼっこも出来たかと思われます。また、2階からの南側からの見える景色も楽しんでいたと思います。

  • 旧本多忠次邸 2F 便所4
    旧本多忠次邸 2F 便所4

    2F 便所4

    大便器と小便器(洗面所)は、扉で仕切られています。大便器は、当時使用していた物が残っておらず、現在の新しい大便器になっています。大便器以外に残っていた器具等は、全て取付けてあります。小便器やタオル掛けな器具など、昔に使用されていたモノは、今にない味が出ています。

  • 旧本多忠次邸 2F 廊下3
    旧本多忠次邸 2F 廊下3

    2F 廊下3

    内階段を登った所にある廊下になります。廊下3には、個人宅としては珍しい消火栓が備えられていました。ホースの長さは、家の端から端まで渡せる長さとなっています。廊下3も、明かりの照明器具も、壁からのモノや天井から吊ってあるモノなど、建築に対する拘りが伝わってきます。

  • 旧本多忠次邸  2F お茶室
    旧本多忠次邸 2F お茶室

    2F お茶室

    お茶室は、書斎室に隣接しているので、プライベートに使用していた応接室かと思われます。お茶室では、蛇口が2つ用意されているので、水量が現在のように出ない時代では、2つの蛇口から同時に水を出していたと考えられます。家具や照明器具も1つ2つ違い、アールデコスタイルで、特徴的な照明具が付いています。

  • 旧本多忠次邸 2F 書斎
    旧本多忠次邸 2F 書斎

    2F 書斎

    2階にある書斎は、日光室の真上にある部屋になります。日光室と同じく、大きな窓がたくさんあります。日当たりも良く、外の景色など、見晴らしもとても良い部屋です。書斎としては、息抜きや気分転換なども含めて、仕事をする部屋としましては、申し分ないお部屋と思われます。

  • 旧本多忠次邸 2F 寝室→バルコニー(元テラス)
    旧本多忠次邸 2F 寝室→バルコニー(元テラス)

    2F 寝室→バルコニー(元テラス)

    2階に寝室があります。寝室の部屋の場所も、防犯や睡眠を考慮された位置に設定されていることが伺えます。寝室からは、バルコニー(元テラス)に出ることが出来ます。壁紙は、可愛らしいピンクとなっています。照明も、他の部屋よりも、照度をおさえて優しいやんわりとした明りになっています。

  • 旧本多忠次邸 2F 化粧室2→浴室
    旧本多忠次邸 2F 化粧室2→浴室

    2F 化粧室2→浴室

    2階の化粧室・浴室があります。化粧室の扉を開けると、可愛らしく鮮やかな花模様の細かなモザイクタイルでデザインされた浴室が目に入ってきます。魚が泳いでる明るいステンドグラスも印象に残ります。壁には、シャワーも付いています。浴槽の隣には、昔の大便器も設置されています。

設計・建設に関することなら
お気軽にお問い合わせください!

1

お問い合わせ・ご相談の
メールを送信

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問合せフォームをご活用ください。

メールでお問い合わせ
2

社内で検討されたい方へ

実績をまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご活用ください。

ダウンロードする

お電話で直接お問い合わせはこちら

お近くの店舗へご連絡ください。

岡崎本社

0564-51-1802

名古屋支店

052-822-1670

※お電話でのご対応時間は8:00~17:00までとなります。
※電話番号をタップすると繋がります。