YouTube動画

YouTube

丸ヨ建設のご紹介

INTRODUCTION
丸ヨ建設の会社

丸ヨ建設の会社

YouTube
  • 丸ヨ建設|採用メッセージムービー
    丸ヨ建設|採用メッセージムービー

    丸ヨ建設では、営業スタッフ・現場監督を募集しています!岡崎・名古屋市南区付近の方、地元で、私たちと一緒に働きませんか?地元の顔となる建物や個性あふれる建設に携わり感動も味わえます!たくさんのイベントも企画しており、家族参加のBBQ・社員旅行もあります。

  • 丸ヨ建設|会社案内ムービー
    丸ヨ建設|会社案内ムービー

    丸ヨ建設工業は、愛知県岡崎本社・名古屋支店(南区)の建設会社。工場・倉庫の「鉄骨建設」、病院・クリニック・福祉施設の「医療建設」を主に建設。2021年には、創業100周年を迎える歴史ある建設会社。建物の相談や打合せの為、社内には、ゆったりとした打合せ室を設けています。お気軽に、ご来社をお待ちしております。

  • 丸ヨ建設の岡崎本社のご紹介
    丸ヨ建設の岡崎本社のご紹介

    丸ヨ建設は、愛知県の岡崎市に本社、名古屋市(南区)に支店。岡崎本社の室内には、お客様の応接室を設けています。お気軽に、当社にお越しください。

  • 現場監督の勉強会|丸ヨ建設
    現場監督の勉強会|丸ヨ建設

    愛知県岡崎市の丸ヨ建設の紹介。毎月1度、現場監督の勉強会。キッチンメーカー展示場で勉強会。展示場の説明後には、新商品を見たり触ったり。いつでもお客様にもより良い説明ができる様、丸ヨ建設では勉強会を実施。

  • ISO9001(品質)のご説明|丸ヨ建設
    ISO9001(品質)のご説明|丸ヨ建設

    丸ヨ建設は、100年の歴史ある建築設計・施工の建設会社です。20年以上も前から、ISO9001の認証取得をしています。お客様に安心して頂く高品質の建物をお届け致します。

丸ヨ建設の地域活動

丸ヨ建設の地域活動

YouTube
  • 翔南中学校の生徒さんに建物の工程・現場監督の仕事|丸ヨ建設
    翔南中学校の生徒さんに建物の工程・現場監督の仕事|丸ヨ建設

    岡崎市立­­翔南中学校の生徒さんに、翔南中学校の建物の工程をお話しさせて頂きました。現場監督のお仕事についての苦労や楽しさもお話ししました。

  • 城西高等学校の生徒さんに建物の工程・現場監督の仕事|丸ヨ建設
    城西高等学校の生徒さんに建物の工程・現場監督の仕事|丸ヨ建設
    学校法人安城学園岡崎城西高等学校の生徒さんに、建物の工程をお話しさせて頂きました。現場監督のお仕事の苦労や楽しさをお話ししました。
  • 愛知産業大学内のキャンプ場・建設体験|丸ヨ建設
    愛知産業大学内のキャンプ場・建設体験|丸ヨ建設

    愛知産業大学の建築学科の学生さんに、愛知産業大学のキャンパス敷地内に、キャンプ場の建物の建設体験を行いました。現場監督や職人さんのお仕事の苦労や楽しさも一緒に感じてもらえました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

  • 愛知産業大学の学生さんと男女便所の建築体験(左官工事)|丸ヨ建設
    愛知産業大学の学生さんと男女便所の建築体験(左官工事)|丸ヨ建設

    愛知産業大学の建築学科の学生の皆様と一緒に、愛知産業大学内の男女便所改修工事の左官工事体験を実施しました。学生さんには、建築や職人さんのお仕事の苦労や楽しさを感じて頂けました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

岡崎市立翔南中学校ができるまで

岡崎市立翔南中学校ができるまで

YouTube
  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(3)(コンクリート工事・基礎土工事・躯体工事・土間工事・躯体工事)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(3)(コンクリート工事・基礎土工事・躯体工事・土間工事・躯体工事)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(3)
    (コンクリート工事・基礎工事・基礎土工事・躯体工事・コンクリート工事・土間工事・躯体工事)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(4)(躯体工事・足場工事・型枠工事・鉄筋工事・丸ヨの勉強会)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(4)(躯体工事・足場工事・型枠工事・鉄筋工事・丸ヨの勉強会)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(4)
    (躯体工事・足場工事・型枠工事・鉄筋工事・丸ヨの勉強会)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(5)(コンクリート工事・型枠工事・躯体工事・型枠解体工事・コン打設打合せ)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(5)(コンクリート工事・型枠工事・躯体工事・型枠解体工事・コン打設打合せ)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(5)
    (コンクリート工事・型枠工事・躯体工事・型枠解体工事・コンクリート打設打合せ)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(6)(コン・躯体型枠工事・武道場・内部型枠脱型・プール壁コン打設)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(6)(コン・躯体型枠工事・武道場・内部型枠脱型・プール壁コン打設)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(6)
    (コンクリート工事・2F躯体型枠工事・1F武道場・内部型枠脱型完了・2Fプール目隠し壁コンクリート打設)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(7)(コン工事・内装工事・防水工事・丸ヨ安全パトロール・安全訓練)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(7)(コン工事・内装工事・防水工事・丸ヨ安全パトロール・安全訓練)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(7)
    (コン工事・内装工事・防水工事・丸ヨ安全パトロール・安全訓練・防水完了)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(8)(防水保護・鋼製建具工事・安全衛生協議会・プール工事・基礎完成)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(8)(防水保護・鋼製建具工事・安全衛生協議会・プール工事・基礎完成)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(8)
    (防水保護コン押え・鋼製建具工事・安全衛生協議会・プール工事・基礎完成)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(9)(屋根防水完了・プール工事・丸ヨ安全パトロール・左官工事)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(9)(屋根防水完了・プール工事・丸ヨ安全パトロール・左官工事)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(9)
    (屋根防水完了・プール工事・丸ヨ安全パトロール・左官工事)

  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(10)(市役所担当者と現場打合せ・プール完成・外構工事・内装仕上り)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(10)(市役所担当者と現場打合せ・プール完成・外構工事・内装仕上り)
    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が、建設した岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(10) (市役所担当者と現場打合せ・プール完成・外構工事・内装仕上り)
  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(11)(外部足場調査解体・木造基礎作成・外構工事・木工事・教育委員現場見学)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(11)(外部足場調査解体・木造基礎作成・外構工事・木工事・教育委員現場見学)
    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(11) (外部足場調査・木造基礎作成・外部足場解体・外構工事・木工事・教育委員現場見学)
  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(12)(木工事・外構工事・プール仕上り状況・武道場内観)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(12)(木工事・外構工事・プール仕上り状況・武道場内観)
    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(12) (木工事・外構工事・プール仕上り状況・武道場内観)
  • 岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(13)(スロープ・木造外観・内部造作・通用門床・武道場内観・完工・開校式)
    岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(13)(スロープ・木造外観・内部造作・通用門床・武道場内観・完工・開校式)

    愛知県岡崎市名古屋市の高級注文住宅、ビル、病院の設計施工の丸ヨ建設工業株式会社­が建設した、岡崎市立翔南中学校「プール・武道場」工事の流れ(13)

    (内部スロープ内観・­木造3棟外観・通用門床完成・木造3棟内部造作完成・武道場内観・完工・開校式)

愛知産業大学

愛知産業大学

YouTube
  • 愛知産業大学の建築学科の学生さんと建築体験(イタリア磨き)|丸ヨ建設
    愛知産業大学の建築学科の学生さんと建築体験(イタリア磨き)|丸ヨ建設

    ­­愛知産業大学の建築学科の学生さんと一緒に建築体験(イタリア磨き)しました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です。

  • 愛知産業大学の建築学科の学生さんと建築体験(タデラクト)|丸ヨ建設
    愛知産業大学の建築学科の学生さんと建築体験(タデラクト)|丸ヨ建設

    愛知産業大学の建築学科の学生さんと一緒に建築体験(タデラクト)しました。丸ヨ建設と愛知産業大学とのコラボ企画です!

旧本多忠次邸復元工事

旧本多忠次邸復元工事

YouTube
  • 旧本多忠次邸  1F 内玄関
    旧本多忠次邸 1F 内玄関

    日常出入りするのに使用する玄関となり

    造り付けスペースがあり、

    三角の棚は、花器などを飾り

    四角の枠は、電話置場となっていました。

  • 旧本多忠次邸  1F 配膳室
    旧本多忠次邸 1F 配膳室

    配膳室の壁にある小窓は、食堂室の飾棚と

    繋がっており、給仕の方は、料理を出す

    タイミングを見て配膳していたと思われます。

  • 旧本多忠次邸 1F 団欒室
    旧本多忠次邸 1F 団欒室

    人が集まり楽しいひと時を過ごせる部屋

    シャンデリア・壁灯・作り付けのソファ

    広間側のステンドグラスなど、たくさん見どころがあります。

  • 旧本多忠次邸 1F 食堂
    旧本多忠次邸 1F 食堂

    天井の装飾・照明器具が統一され

    重厚感があり、飾棚の中央にある扉より

    食事を給仕より配膳されていました。

  • 旧本多忠次邸  1F 事務室(元応接室)
    旧本多忠次邸 1F 事務室(元応接室)

    メイン玄関を入り右側にあります事務室は、

    応接室として使われていました。

    来客の方が洋服を着用して椅子座敷の応接室が風潮だと思われます。

  • 旧本多忠次邸  1F 下足室(元書生室)
    旧本多忠次邸 1F 下足室(元書生室)

    現在、下足室と使用されている書生室は、

    当時、学生・下積みの方が下宿をしていた

    部屋となります。

  • 旧本多忠次邸 1F 便所
    旧本多忠次邸 1F 便所

    現在、便器の設置はありませんが、

    当時のトイレとしては、

    近代的な造りになっています。

  • 旧本多忠次邸 1F 使者の間
    旧本多忠次邸 1F 使者の間

    使者の間は、お客様のお付き人が待機したり

    お使いの人が、お屋敷の主人と面会をした場所です。

    時代風景を感じることが出来ます。

  • 旧本多忠次邸  1F 広間
    旧本多忠次邸 1F 広間

    2階へ上がる階段は、吹き抜けになっており、広々とした開放感のある広間となっています。

  • 旧本多忠次邸  1F 玄関
    旧本多忠次邸 1F 玄関

    お客様をお迎えする玄関ホールには、スパニッシュ建築の特徴とされる壁泉があり、癒しの空間が演出されています。

  • 旧本多忠次邸 Vol.11 【1F 衣裳室】
    旧本多忠次邸 Vol.11 【1F 衣裳室】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.12 【1F 夫人室】
    旧本多忠次邸 Vol.12 【1F 夫人室】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.13 【1F  日光室】
    旧本多忠次邸 Vol.13 【1F  日光室】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.14 【1F 裏玄関】
    旧本多忠次邸 Vol.14 【1F 裏玄関】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.15 【1F 廊下2】
    旧本多忠次邸 Vol.15 【1F 廊下2】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.16 【1F 給湯室(元台所) 】
    旧本多忠次邸 Vol.16 【1F 給湯室(元台所) 】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.17 【1F 倉庫1(元第2女中室)・倉庫2(元暖房洗濯室) 】
    旧本多忠次邸 Vol.17 【1F 倉庫1(元第2女中室)・倉庫2(元暖房洗濯室) 】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.18 【1F 化粧室→湯殿】
    旧本多忠次邸 Vol.18 【1F 化粧室→湯殿】
    ■旧本多忠次邸の復元について 『本多忠次氏とは・・・』 徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。 本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。 『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』 世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。 ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 ) ■旧本多忠次邸について 旧所有者 本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫 本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫 ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)
  • 旧本多忠次邸 Vol.19 【2F 広間】
    旧本多忠次邸 Vol.19 【2F 広間】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.20 【2F 廊下4→納戸】
    旧本多忠次邸 Vol.20 【2F 廊下4→納戸】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.21 【2F 客間→次の間→控の間】
    旧本多忠次邸 Vol.21 【2F 客間→次の間→控の間】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.22 【2F 縁側】
    旧本多忠次邸 Vol.22 【2F 縁側】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.23 【2F 便所4】
    旧本多忠次邸 Vol.23 【2F 便所4】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.24 【2F 廊下3】
    旧本多忠次邸 Vol.24 【2F 廊下3】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.25 【2F お茶室】
    旧本多忠次邸 Vol.25 【2F お茶室】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.26 【2F 書斎】
    旧本多忠次邸 Vol.26 【2F 書斎】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.27 【2F 寝室→バルコニー(元テラス)
    旧本多忠次邸 Vol.27 【2F 寝室→バルコニー(元テラス)

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

  • 旧本多忠次邸 Vol.28 【2F 化粧室2→浴室】
    旧本多忠次邸 Vol.28 【2F 化粧室2→浴室】

    ■旧本多忠次邸の復元について
    『本多忠次氏とは・・・』
    徳川家康の家臣であり、四天王と称された本多忠勝の子孫にあたるのが本多忠次氏になります。本多家は、江戸時代後期の岡崎藩主であり、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にもあたります。
    本多忠次氏は、1896(明治29)年に、三河岡崎の本多家本多忠敬の次男として生まれ、学習院、東京帝大文学部を経ています。

    『本多忠次邸の取り壊し計画・・・』
    世田谷区野沢に建つ本多忠次邸の敷地の売却に伴う取り壊し計画を聞いたのは、1999年の暮れになります。世田谷教育委員会にて、世田谷区の地域史における本多邸の重要性から緊急調査の実施を決定しました。調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。そして、本多氏のゆかりの地である愛知県の岡崎市に建物の寄贈を申し出たところ、当時の市長の快諾を得て、愛知県の岡崎の地に、解体し部材を運搬し、事業が無事終了しました。そして今日に至り、岡崎市欠町地内にて、旧本多邸の復元工事が開始されました。

    ( 近代住宅 70年の記憶 昭和洋館物語 ~世田谷 本多邸 夢の郊外住宅展~ 本多邸の再生を考える会 内田 青蔵 )

    ■旧本多忠次邸について

    旧所有者
    本多忠次氏・・・徳川家康の家臣で四天王と称された本多忠勝の子孫
    本多家は江戸時代後期の岡崎藩主で、忠次氏は最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫

    ■施工:丸ヨ・サンモク特定建設工事共同企業体(丸ヨ建設工業株式会社:http://www.maruyokk.com/)

設計・建設に関することなら
お気軽にお問い合わせください!

1

お問い合わせ・ご相談の
メールを送信

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問合せフォームをご活用ください。

メールでお問い合わせ
2

社内で検討されたい方へ

実績をまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご活用ください。

ダウンロードする

お電話で直接お問い合わせはこちら

お近くの店舗へご連絡ください。

岡崎本社

0564-51-1802

名古屋支店

052-822-1670

※お電話でのご対応時間は8:00~17:00までとなります。
※電話番号をタップすると繋がります。