工場・倉庫のQ&A

工場・倉庫のQ&A

工場・倉庫のよくある質問

Q&A

建築主のリアル・資金の疑問解決

建築主のリアル16 Q&A 「工場計画編 リアル16 Q&A」

工場や倉庫など、大型の建物を建設する際に、建物の土地や敷地の広さ、建物の形状や構造など、建築主の方は、様々なことを考慮しなければなりません。
実は、土地や建物のことよりも先に、そして、最も大切になってくるものは、お金の話ではないでしょうか?
数行の金融機関(地銀・信金)に質問をし、生の声を聴きました!
いざ建設を計画するとき、必ず資金計画を立てる必要があります。
数行の金融機関に、リアルに聞いた質問の8問を解答していきます。

1.社長が何歳のときに、工場を建てられましたか?
(1)社長:60~70歳
(2)若社長(ご子息):35~50歳
※ご子息が会社に入社した場合に工場建設、もしくは、ご子息を新社長にする前に、工場建設を新設するなど、各企業により異なります。
2.工場建設前と後では、どのように変わりましたか?
(1)生産効率が上がり、生産量も増加した。
(2)生産性の改善と製品の衛生面が向上した。
(3)従業員さんのモチベーションが上がった。
(4)新規顧客の開拓が可能となりました。
3.工場を建設したきっかけを教えてください。
(1)手狭なスペースと老朽化の為。
(2)顧客からの要求があった為。
(3)事業規模が拡大した為。
(4)受注増の傾向の為。
(5)業界のニーズ変化に対応する為。
4.会社の年商は、どれぐらいですか?
5~30億円ぐらいの企業
5.どれぐらいの頭金を用意していましたか?
2千万円、3億円など
頭金が無い場合もあれば、1億円程度を予定している会社もあります。
6.何年の返済計画を立てられましたか?
15~20年での返済計画が多い。
(7年での返済計画の企業もあります。)
7.毎月の返済金額は、おいくらでしょうか?
50万円~750万円
※工場の規模により借りた金額により返済金は異なります。
8.工場の土地の広さを教えてください。
100坪から3,000坪ぐらい
9.工場の建設費を教えてください。
1億5,000万円前後が多いです。
※4~10億円規模の工場もあります。
10.どれくらいの期間、検討されていましたか?
2~3年ぐらい検討されている企業が多かったです。
※10年間以上も検討している企業もあります。
11.年商の何倍(もしくは、売上高の何倍)の工場を建設されましたでしょうか?
年商の1/3
※月商の1か月分や売上高の7倍など、企業により異なります。
12.何社ぐらい、他の工場を見学されましたでしょうか?
3社
※他の工場を見学していない企業もあります。
13.補助金を利用されましたか?
ほとんどの企業が補助金を利用されています。
※固定資産税の減税などがあり、利用されていない企業もあります。
14.いくらの補助金を利用されましたか?
補助金を利用された場合には、1,000万円ぐらいです。
15.どんなことを重視して、建設会社を選びましたか?
(1)建設会社の信用・実績
(2)価格(コスト)
(3)アフターメンテナンス
(4)営業担当者や対応の柔軟さ
※以前からのお付合いの建設会社もありました。
16.工場の完成までの工事期間は、どれぐらいかかりましたか?
半年から1年間ぐらいです。

まとめ

上記の質問に対する回答は、数行の金融機関の回答をまとめさせて頂いております。
2015~2017年の近年の2.3年間の傾向を前提に、全ての内容の回答となっております。
愛知県の一部の地域の数行の金融機関からの回答ですので、各々の地域により、回答にもバラつきがあります。
上記の内容が、将来、工場や倉庫を建設される建築主様の一助となれば幸いです。

資金の疑問解決 Q&A(1)「資金計画編 リアル8 Q&A」

工場や倉庫など、大型の建物を建設する際に、建物の土地や敷地の広さ、建物の形状や構造など、建築主の方は、様々なことを考慮しなければなりません。
実は、土地や建物のことよりも先に、そして、最も大切になってくるものは、お金の話ではないでしょうか?
数行の金融機関(地銀・信金)に質問をし、生の声を聴きました!
いざ建設を計画するとき、必ず資金計画を立てる必要があります。
数行の金融機関に、リアルに聞いた質問の8問を解答していきます。

1.近年では、いくらぐらいの工場が、多く建設されていましたでしょうか?
1~3億円
※工場の建物とは別に、土地代金や設備で3~4億円
2.資金計画を誰に相談すれば良いですか?
金融機関(支店長)、税理士事務所、よろず支援(ミラサポ参照)、建設業者など
3.建設費の頭金が0円でも、工場は建設できますか?
頭金なしでも可能です。
(1)資金に余裕があれば、頭金があった方がよいです。
(2)頭金が無ければ、融資判断の上では、マイナスイメージです。
(3)0円の理由・・・土地や手元に資金をおいておきたいなど
4.頭金は、いつまでに用意すれば良いですか?
頭金があれば、半年前ぐらいです。
5.補助金の援助してもらう時のポイントを教えて下さい。
ものづくり補助金・立地補助金など、様々な補助金があります。
市役所や金融機関から補助金の情報を得られます。
資料作成(申請書作成支援の援助、計画作成)を含め、銀行へご相談して下さい。
社労士や補助金の専門コンサルタントなど、良きアドバイスも必要です。
6.金融機関としましては、事業計画書は、必要になりますか?
全ての金融機関では、事業計画書は必要になります。
※実現可能である数字(売上げ・費用・利益)、その内容からの返済計画案が重要です。
7.事業計画書は、誰に、どこに相談すればよいでしょうか?
税理士事務所、金融機関(支店長)、よろず支援(ミラサポ参照)、コンサル(専門家)
※市が斡旋する地域への建設であれば、市が相談にのって頂けます。
8.事業計画書は、どのように作成したらよいでしょうか?
税理士事務所、金融機関(支店長)、よろず支援(ミラサポ参照)、コンサル(専門家)と一緒になって相談しながら、作成していった方がよいです。
(1)CF(顧客第一)が成り立つか?
(2)工場を建設する効果が出るのか?
(3)法人の現在の実績と今後の実現可能な計画は?
(4)根拠となる資料を添付

まとめ

上記の質問に対する回答は、数行の金融機関の回答をまとめさせて頂いております。
2015~2017年の近年の2.3年間の傾向を前提に、全ての内容の回答となっております。
愛知県の一部の地域の数行の金融機関からの回答ですので、各々の地域により、回答にもバラつきがあります。
上記の内容が、将来、工場や倉庫を建設される建築主様の一助となれば幸いです。

資金の疑問解決 Q&A(2)「工場の建物の長期借入金編 リアル19 Q&A」

工場や倉庫など、大型の建物を建設する際に、建物の土地や敷地の広さ、建物の形状や構造など、建築主の方は、様々なことを考慮しなければなりません。
実は、土地や建物のことよりも先に、そして、最も大切になってくるものは、お金の話ではないでしょうか?
数行の金融機関(地銀・信金)に質問をし、生の声を聴きました!
いざ建設を計画するとき、必ず資金計画を立てる必要があります。
数行の金融機関に、リアルに聞いた質問の19問を解答していきます。

1.建設費は、どんな会社も借りられますか?
「建設費を貸すにあたって確認するところ」
(1)事業内容や財務内容によります。
(2)建設費の金額内容に、妥当性はあるか?
(3)業況や資産状況の確認。
(4)事業計画の内容確認。
(5)保全(担保)の確認。
※会社の規模や業績に見合う内容でなければなりません。
2.今の金利は史上最低というのは、本当ですか?
はい。
「その理由は、何ですか?」
マイナス金利の影響。
※マイナス金利の為、住宅ローンの史上最低金利は当てはまります。しかし、企業への資金は、住宅ローンのようなパッケージ商品でない為、企業ごとの個別審査である為、一概には言えません。
3.現在、平均の適用金利は、どのくらいですか?
0.8%前後
4.現在、一番高い金利を教えて下さい。
3%前後
5.現在、一番安い金利と、その企業の条件を教えて下さい。
0.3%前後(超優良企業による)
6.いくつの銀行から、お金を借りる話を聞いたら良いですか?
2~3行、相談するとよいと思われます。
※3行(都銀・地銀・信金)など
7.自己資金としては、どのくらい残すと良いですか?(○%)
(1)運転資金にくい込まない程度。
(2)売上高の2・3ヶ月分程度の資金は、手元に残すべき。
※金融機関により、各々異なります。
8.建設費の返済以外に、毎月、どのような支払いがありますか?
(1)固定費
(2)材料仕入れ資金
(3)買掛金
(4)機械設備の導入(融資の返済・リースの支払いなど)
(5)税金
9.長期借入金の返済は、長期の固定金利か変動金利、どのようにすれば良いですか?
近年では、基本的に、変動金利(元金均等)を選択する企業が多いです。
※金融機関によっては、長期の固定金利を薦める場合もあります。
10.建築主に、万が一のことがあったら、お金の返済はどうなりますか?
会社ですので、新たな代表者が保証人加入し、返済は停止せず、今後も返済して頂きます。
11.建築費の返済は、元金均等か元利均等、どちらが好ましいですか?
「元金均等」メリット:総返済額が少ない、デメリット:当初の返済額が多い
「元利均等」メリット:月々の返済額が一定額、デメリット:総返済額が多い
(1)事業性の場合には、ほとんどが元金均等(総返済額が少ない為)。
(2)元利均等は、住宅ローン。
12.建築費の返済は、何年の返済期間で組まれることが多いですか?
15~20年
(1)構造・用途による耐用年数範囲内が一般的(国税庁で確認可)。
(2)後継者に債務を残す場合と、残さない場合により、年数が異なります。
13.建築費の返済は、代表者が何歳までが上限ですか?
特に、上限はありません。
(1)代表者が高齢の場合、後継者(ご子息)が連帯保証人に加入する場合があります。
(2)会社の後継者の有無によります。
14.繰り上げ返済は、違約金が必要と聞きましたが、本当ですか?
全ての金融機関が、本当とのこと。
(1)必要な金融機関があります。
(2)固定金利の場合には、必要なケースが多いです。
15.建設費の長期借入金の返済は、いつから始まりますか?
基本的には、実行の翌日からです。
(1)建設工事の着工の翌月から。
(2)工場完成後からの返済も可能。
(3)建物のオープン時から。
※金融機関により、返済日が異なります。
16.建設費の返済金利は、一度組むと変られませんか?
変えられます。
(1)変動であれば、基準金利が変わる時
(2)組み換えなど、金融機関により異なります。
※変えられない金融機関もあります。
17.社長とご子息様とで資金を出すときは、長期借入金はどのように組みますか?
資金を出す以上、持分を持つ為、主たる債務者が社長となり、ご子息が連帯保証人、もしくは、物上保証人になります。
18.金融機関以外にも、資金調達方法はありますか?
(1)政府系の日本政策金融公庫
(2)社債・増資など
19.会社を創業して、すぐに金融機関から、お金を借りられませんか?
基本的には、難しいです。
(1)保証協会など、創業資金があります。
(2)政策公庫を利用するケースが一般的です。
(3)金融機関は、事業計画や保有資産などにより、ご相談に応じる場合があります。

まとめ

上記の質問に対する回答は、数行の金融機関の回答をまとめさせて頂いております。
2015~2017年の近年の2.3年間の傾向を前提に、全ての内容の回答となっております。
愛知県の一部の地域の数行の金融機関からの回答ですので、各々の地域により、回答にもバラつきがあります。
上記の内容が、将来、工場や倉庫を建設される建築主様の一助となれば幸いです。

資金の疑問解決 Q&A(3)「諸費用・税金編 リアル7 Q&A」

工場や倉庫など、大型の建物を建設する際に、建物の土地や敷地の広さ、建物の形状や構造など、建築主の方は、様々なことを考慮しなければなりません。
実は、土地や建物のことよりも先に、そして、最も大切になってくるものは、お金の話ではないでしょうか?
数行の金融機関(地銀・信金)に質問をし、生の声を聴きました!
いざ建設を計画するとき、必ず資金計画を立てる必要があります。
数行の金融機関に、リアルに聞いた質問の7問を解答していきます。

1.建物の建設費以外に必要な費用は何がありますか?
(1)諸費用や担保調査・設定など
(2)事務設備や機械設備などの付帯費用
(3)税金
(4)登記費用、印紙代など
2.建設費を借りるのに、必要なお金はありますか?
印紙代、担保((根)抵当権設定)費用などが借入する際に必要です。
3.工場の追加費用は、いつ支払いますか?
頭金・中間金・完成時金の場合には、完成時金の最終回に支払いとなります。
4.建設費をキャンセルすると、違約金はかかりますか?
かかりません。
5.工場を建設すると、払う税金は、何がありますか?
(1)不動産取得税
(2)固定資産税
6.税金が安くなる工場の条件はありますか?
(1)市や県により、それぞれの制度があります(産業立地HP参照)。
(2)指定業種
(3)雇用
(4)省エネ
7.工場を建設するにあたり、控除はありますか?
市や県により、それぞれの制度があります(産業立地HP参照)。
※面積・業種など、条件は厳しいです。

まとめ

上記の質問に対する回答は、数行の金融機関の回答をまとめさせて頂いております。
2015~2017年の近年の2.3年間の傾向を前提に、全ての内容の回答となっております。
愛知県の一部の地域の数行の金融機関からの回答ですので、各々の地域により、回答にもバラつきがあります。
上記の内容が、将来、工場や倉庫を建設される建築主様の一助となれば幸いです。

設計・建設に関することなら
お気軽にお問い合わせください!

1

お問い合わせ・ご相談の
メールを送信

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合にはお問合せフォームをご活用ください。

メールでお問い合わせ
2

社内で検討されたい方へ

実績をまとめた会社案内をPDFでご用意しています。ご活用ください。

ダウンロードする

お電話で直接お問い合わせはこちら

お近くの店舗へご連絡ください。

岡崎本社

0564-51-1802

名古屋支店

052-822-1670

※お電話でのご対応時間は8:00~17:00までとなります。
※電話番号をタップすると繋がります。